正月太り。あけまして、おめでとうございます。

どうもMASです。

ご無沙汰しております。

サボっておりました。

2020年、あけましておめでとうございます。

こんなに区切りのいいなかなかないタイミングなのでブログ更新を再開をしたい次第です。

今日のテーマは「正月太りとの向き合い方」。

はい、時節に合ったテーマで、はじめましょう。

年末年始の連休で、カラダが重く感じる人、いらっしゃいますよね。

はい、わたしです。

2㎏まではいかない位、増量してます。

これって、単純に考えると、1kg増やす、減らすのに必要なカロリー7200kcalなので、

14400kcalくらい余分に摂取したってことなんですよね。

ピンときませんね。

・おにぎり1個 約200kcal

→71個分

・ビール500ml     約200kcal

→71杯分

おにぎり1つとビールのカロリーが変わらないことも驚くべきですが、

71という数字ですね。

1日2個、朝、昼、晩と食べている人がいたら、23日分の余計なカロリーなわけです。

つまり、なにが言いたいかというと、

痩せよう。

ということ。

どうやってやせるか

どうやってダイエットするか、

大きく2種あると思います。

・運動をする

・食事を制限する

カロリーを消費するか、制限するか、

この2択。

では、まず、運動をするほうから考えてみましょう。

10分歩いて50kcal消費

30分歩いても150kcalそこそこ

筋トレは基礎代謝を上げる基礎づくりには、とても良いですが、

カロリーの消費は少ないです。

30分有酸素運動できる人は150kcal減らせられるので、

多少は効果ありそうですね。

でも、時間も体力もないって人は、

食事管理するほうが、減量には早いです。

そもそも、ダイエットという言葉、日本では、やせることのためにする運動や食事の言葉の扱いをしているように感じますが、

『Diet』=食事ですよね。

忘れてました。英語に触れておきました。

はい、食事のお話。

以前も書きました。

こちらも参考にしてください。

つまりは、

栄養素を見て、

脂質を抑える。

こちらが王道だとしたら、

炭水化物(糖質)抑えて、

急ピッチで減量もできます。

筋トレしている人であれば、

筋肉と脂肪が一緒に減っていくので、

おすすめはできませんが、

正月太りから解放されたい急ぎの方は、

米、パン、粉物を減らす。

夜だけ抜く。

なんて、突貫工事もありですよね。

とてもお腹がすきますが、、、

人間のカラダは面白いもので、

慣れたら胃袋の大きさが小さくなってくれます。

では、お互い、がんばりましょう。

記事下

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

30代。 社会人からの英語学習を開始。 フィリピン セブ島留学、オーストラリアワーキングホリデー、イギリス大学院留学を経験。 英語の学習方法のシェアをメインに、海外生活中に出会った趣味の筋トレや、元々好きな映画、洋服の話もしていきたいと思います。