息抜きは大事。趣味の広がりと成長を実感する。

趣味の話。

どうもMASです。

今回は、英語の学習をしていて良かったなぁと改めて思うこと。

英語の学習を毎日意識を高く保ちながら継続していくことは簡単ではありません。

飽きてきたなぁ、

疲れてきたなぁ、

趣味の時間に使いたいなぁ、

そんな気分になりますよね。

わたしもそうです。

今回は、英語の勉強していたら趣味にも幅と奥行きが出て少し人生が楽しくなった話です。

例えば、ぼく、昔から映画を見ることが好きなんです。

改めていうこともないんですけども、

英語の学習を進めているうちに、久しぶりに海外映画やドラマを見ると、自分の英語力の向上に気づきます。

この成長実感が英語学習にはとても大切だと思います。

TOEIC300点からはじめて600点取ったとき、800点取ったとき、英語の勉強に時間を割いてきたから点数があがり自分の英語力があがっているって実感する。

こういった、ある種スポーツのような成長実感はモチベーションの維持向上につながります。

発音の勉強、単語の暗記、音読と

繰り返しの中でどうしてもでてくる

飽き。

飽きを感じたときにわたしは、

映画や海外ドラマをみていました。

海外ドラマ気をつけてください。

続きが気になってハマると元々の勉強のルーティンに戻るのが難しくなります。

そのため、単発の映画をまずは見ましょう。

出来ればなんで英語の勉強しているか、

どこの国に興味あるか、どこに行ってみたいか、どういうシチュエーションか、という点を考えて、

俳優さん、女優さんの出身の国、アクセント、言い回しなんかを意識しながら見ると

発見がありますよ。

ボヘミアンラプソディー

最近のヒット作ですが、映画の中に出てくる街並みはまさにイギリスのレンガ造りの建物だったり、素敵な描写が多い。

女優さんは、シングストリートのヒロインの女性役の人と同じ人かな?イギリスの人だなぁ、なんて事を思いながら見てました。

実は僕が、29歳の時に社会人を辞めてイギリスの大学院に留学を決意したのも、映画の影響が大きいです。

26歳のときに夏休みを利用して、イギリスにはじめて1人で旅行にいきました。

イギリスに行こうと決めた理由は、

映画と服。

日本でも最近、三浦春馬さんがミュージカルに出演している

キンキーブーツという映画をご存知の方いますか?

イギリスの靴工場が舞台になってます。

写真はトリッカーズではないです。外観はサウサンプトン周辺にあるCHEANEYというイギリス紳士靴の工場です。レンガ造りとくもり空。イギリスらしいですね。

ロンドンから1時間くらい北に行ったところにあるサウサンプトンというところがロケーションで使われていて、

トリッカーズというイギリスの王室御用達の紳士靴のメーカーの工場が使われてます。

洋服、靴が好きということもあり、

映画に出てくる工場、工場の人、街並み、そんな雰囲気に憧れをいだき、実際に行ってみたんです。

はじめての一人での海外で

ホテルのレセプションで勉強した英語を使う、電車のチケットを買う、料理をオーダーする、靴工場に行ってみる、サッカー観戦をする、現地の人と交流する、泥酔する、雨に打たれて帰る。

そんな全ての経験が

あのときの悔しかった韓国旅行から

自分の成長を感じることができて、

楽しく感じて、

留学を決意したんです。

留学の話は別の記事にします。

まとめ

勉強を継続していて、飽き、壁を感じたら、

たまに立ち止まって

成長を実感するきっかけを作る

結果として、

英語学習へのモチベーションが高く保てる

僕の場合、当時は映画であり、服であり、旅行でしたが、

Googleで自分の趣味を英語で検索して英語のサイトやブログを見つけて眺めてみるだけでも成長が実感できるかもしれませんよ?

記事下

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

30代。 社会人からの英語学習を開始。 フィリピン セブ島留学、オーストラリアワーキングホリデー、イギリス大学院留学を経験。 英語の学習方法のシェアをメインに、海外生活中に出会った趣味の筋トレや、元々好きな映画、洋服の話もしていきたいと思います。