海外で生活していて困ったこと。日常生活で使う英語をどう学ぶか。

夏が来てます。

おら、わくわくすっぞ!

どうもMASです。

最近、前の会社の先輩、今の会社の先輩も次のチャレンジで別の会社に行く、と送別会が続いてるわけで、

なにかとセンチメンタルな気分にさせられるわけで、

鳥山先生の作品からご挨拶をお借りしました。

前回のフィリピンセブ島のサウスピークの留学の評判の検索をしていて、

 出てきた精神と時の部屋という言葉にひっぱられているんですよね)

さて、そんななか、衝動的に気分を変えたくなりまして、

夜分に、自分でけっこう髪を切りました。

セルフカットは2年ぶりです。

自分で髪を切っていて思い出したことがあったので、

今日は、そんな話。

オーストラリアとイギリスに住んでいた約2年間は自分で髪を切っていました。

なぜなら、海外で髪切るの不安じゃない?

前髪?bang?

もみあげ?momiage?sideburns?

えりあし?nape???

英語でなんて言うの。

調べてもピンときませんでした。

*海外滞在中のお金に余裕のある方は、現地の都心部には、

 日本の美容師の方が、だいたいいるので、お調べください。

セブ、シドニー、ロンドン、私がいた場所ではいました。

TOEICには出てこないし、

IELTSにも出てこない。

出てきてても使用頻度が少ないから記憶にとどまらない。

そもそも外国人の髪って細いから日本人のこと切れる?という疑問はありますが、

生活する上での英語って、意外と日本で勉強している人は、

なじみのあるものじゃないですよね。

野菜、果物、魚など、髪を切る以外でもそう。

すでに海外生活を始めている方はそう思っているかもしれませんね。

そこで、普段生活するうえで必要な英単語って意外と触れる機会がないなかで

紹介したいのが、絵本

イギリスに住む友達の子と遊んでて、一緒に絵本を読んでると、

あれ、どういう意味だっけ、と、

知らない単語がけっこうでてくるんですね。

恥ずかしくて言えませんでしたが、

気づきがありました。

  • ➀絵本は名前の通り、絵でビジュアルを確認できる
  • ➁会話や文章表現がシンプルで、わかりやすいものが多い

ビジュアル付きで記憶にも残りやすいため、ビジネス英語に入る前に初手の勉強として、または、息抜きとして使えます。

ベルリッツという大手の英会話スクールに入学する際にも、

絵を見て、だれがなにしているなどの、描写を英語で表現するテスト、人や、ものや、ことがどういう状況か英語で伝えるテストが導入されているほど、

絵で学ぶのはいいんです。

ベルリッツの感想に関しては別の記事にします。

ちなみに、

海外に住めば、英語ができるようになる、は嘘です!と言いましたが、

生活するうえで、

スーパーでよく目にする食材の名前なんかは、覚えると思います。

サバイバルイングリッシュ。

シドニーのスーパー。

まとめ

生活する上での日常英語はどうやって学ぶか。

絵本は使える。

イギリスに住んでる友達が実践していたようにパパママが教育で子供に

英語の絵本を読んであげることが

自分の勉強にも子供の勉強にもなっちゃうんじゃないか?と。

あいにく独身なので、将来そうしたいと思います。

英語学習の目標にしていることに必要か、そうではないか、考えて学習方法をアレンジして楽しみながら学びを深めましょう。

ぼくもがんばります。

では。

記事下

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

30代。 社会人からの英語学習を開始。 フィリピン セブ島留学、オーストラリアワーキングホリデー、イギリス大学院留学を経験。 英語の学習方法のシェアをメインに、海外生活中に出会った趣味の筋トレや、元々好きな映画、洋服の話もしていきたいと思います。