単語帳のやり込み方/音読のススメ〜会話もTOEICも伸ばしたい方へ〜

どうもMASです。

前回、単語帳のおすすめと勉強方法をシェアしましたが、

今回は勉強方法を深掘りしてご紹介させていただきます。

・データベース3000

・Duo

これらは淡々と暗記に励むんですが、

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

詳細はこちら: https://amzn.to/2Hvizce

こちらの教材に関しては、

見て、発音記号を確認して、覚える。

という、ある種ルーティンワークを、

より有効に勉強できる教材なんです。

どう有効化させるか。

それは、音読です。

音読の効果は絶大です。

予備校の有名講師が推奨しているように、

TOEICだけにとどまらない英会話にも活かせる有効な勉強手段です。

実際、ぼくもTOEIC650点を一年間停滞した時期がありまして、

650点から一気に800点まで引き上げてくれたのは、

音読と、この教材のおかげでした。

音読の効果は

・リスニング、スピーキング力の向上

・発音を学んたあとの実践として英語に触れることができる

これらの効果を生み出し、英語力のベースアップにつながります。

TOEICの点数だけ見てもあきらかに英語力の向上を実感できます。

音読。どう行うか。

*上の教材でなくても必ず音源のある教材で音読の勉強をしてください。

Database3000もDuoも余裕があれば音読をしてやりこみたいところではありますが。

①文章構造を理解する。

品詞、文法、文節を意識してスラッシュを引きながらはじめに文章を読む。

②知らない単語を確認、覚える

③音源を聴く

④音源に合わせて、モノマネをするつもりで発音を意識しながら音読する

*はじめは音源に合わせるのは難しいと思うので

音源を追っかけるように読むシャドーイングでもかまいません。

⑤音源なしで音読を繰り返し、スムーズに文章を読めるようにする

このステップをやり込むという表現にしました。

このステップでリスニング、リーディング共に絶対に英語力あがります。

音読する際に機械的に音読をするのではなく、意味を理解しながら意識して読むことでその文章、単語が自分のものになっていきます。

根気のいる作業ですが、

効果は絶大ですので、音読を勉強に取り入れましょう。

また、間違っても音源を聴くときは、聞き流すことはしないでください。

聞き流すだけで英語力があがる。

これはとても難しいと思います。

移動中や、隙間時間の音源の再生も

意味を意識しながら

発音を意識しながら音源を聴きましょう。

この”聞き流し”の方法を意識してやらないと英語力向上に繋がりません。

①文章構造を理解する

こちらの最初のステップでスラッシュを引いて品種分解する作業が難しい、

どうやるのか、わからないと感じる方もいると思います。

中学、高校英語の文法の基礎を抑えるための勉強は、

これらの2冊をおすすめします。

TOEIC(R)TEST文法完全攻略 (アスカカルチャー)

詳細はこちら: https://amzn.to/2wbbA1F

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

詳細はこちら: https://amzn.to/2LZeH7P

一億人の英文法、とても良い本ですが、相当内容が濃く、何より厚さがすごいです。上の文法の本でまず文法の基礎を抑え、演習など問題を説いててわからなかったところがあれば、辞書的につかう形でも良いと思います。

記事下

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

30代。 社会人からの英語学習を開始。 フィリピン セブ島留学、オーストラリアワーキングホリデー、イギリス大学院留学を経験。 英語の学習方法のシェアをメインに、海外生活中に出会った趣味の筋トレや、元々好きな映画、洋服の話もしていきたいと思います。