目標別学習方法のおすすめ 1

どうもMASです。

前回どの目標を掲げる人にも共通の英語学習のSTEPを紹介しましたが

今回は、

目標別勉強方法です。

目標に対して、的を得ない勉強は時間を無駄にするので、

自分がどうなりたいか、イメージしてみましょう。

➀会社でTOEICスコア提出が必要になった方へ

➁会話もTOEICも伸ばしたい欲張りな方へ(私はこれでした。)

③語学留学やワーホリなどに備えて充実した留学ライフを目指す方へ

④将来起業するためにMBAに留学したい、転職するために大学院留学したいなど学問的な英語を学びたい方へ

大きく4つの英語学習をするかたに向けて、効率の良い優先順位付けの方法、学習方法のTipsを紹介できればと思います。

私は、プロフィールでも紹介させていただいた通り、

TOEIC300点から、

25歳のときに改めてイチから英語の勉強をはじめ、

社会人として働きながら800点になるまで日本で英語の勉強をしました。

*日本の会社はすぐにTOEICはいくつ取れるんだ?と上司やまわりから聞かれます。800点あれば、聞かれても恥ずかしくないという点数は抑えました。

そのあと

有給を利用してセブ島留学、

退社して、

オーストラリアワーキングホリデー、

イギリス大学院留学

と経験しましたので、

異なる目標をもつ方に向けて効率のよい学習方法を発信します!

では、早速ですが、

➀会社でTOEICスコア提出が必要になった方へ

まず、TOEICのスコアを必要とされる方は、おそらく何回かTOEICを受験されたことがあったり、

参考書、教材で勉強を開始していると思いますが、

はじめにするべきことは

「TOEICの形式を理解する」ことです。

言ってしまえば、試験対策なので、大学受験や資格試験のように

過去問や問題集など、出題傾向から対策をするが目標とするスコア獲得への近道です。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、

会社の上司、同僚がよく聞いてくるTOEICとは

ListeningとReadingの2つの分野(技能)になります。

*Speaking、writingも別途ありますが、こちらは一般的ではなく、TOEICスコアを提出する際は上記の2分野。

Part1~7まで分かれており、各パート毎に傾向と対策をする必要があります。

■Part1-4 (Listening)

■Part5

■Part6

に分けて、傾向と勉強法を見ていきましょう!

記事下

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代。 社会人からの英語学習を開始。 フィリピン セブ島留学、オーストラリアワーキングホリデー、イギリス大学院留学を経験。 英語の学習方法のシェアをメインに、海外生活中に出会った趣味の筋トレや、元々好きな映画、洋服の話もしていきたいと思います。