英語学習をはじめる

どうも、MASです。

前回は私の英語学習を始めるきっかけの話でした。

キッカケ。これは、とても大事だと思います。

なぜなら、このキッカケが、どうなりたいか、どうありたいか

目標設定につながります。

・海外旅行で現地の人とコミュニケーションとれるくらいの会話ができるようになりたい

・海外ドラマ、映画を字幕なしで理解したい

・会社で昇進に必要だからTOEIC600点、800点が取りたい

・MBAや、大学院など留学したい

そして、

この目標設定によって、学習の方法が変わってくる。だから大事なんです。

たとえば、ぼくのきっかけは、

・会社に必要とされる+コミュニケーションがとりたい

→TOEICの勉強から始めました。

TOEICのスコアは上がりましたが、コミュニケーションは、うまくとれるようにはなりませんでした。

では、どっちもやりたい場合どうするか

・会社に必要とされる+コミュニケーションがとりたい

→TOEICの勉強+しゃべる聞く

要は、全部やらないといけないんです。

おい、なにが効率いい学習方法をシェアします、だ?

はい、ごめんなさい。

改めます。効率のいい学習方法の優先順位付けをシェアします。

まずは、

発音

発音記号を学び、正しい舌、口の開き方、使い方を学びます。

発音を学んでからでないと相当な時間を無駄にします。

私は、まず、語彙力不足から単語帳を一生懸命暗記しました。

単語帳を何周もしました。

何周もして暗記した後に発音できない、適当にスペルで暗記していた単語があると気付き、発音を学んでからまた同じ単語帳の暗記という作業に戻ります。

すごく無駄の多い学習をしてました。。

発音を無視して単語の暗記をすることは、

TOEICにとっては有効でも、実際の英語を使う場で活きません。

なぜなら、正しい発音、音をしらないから

英語が伝わらない、聞こえないという壁にぶちあたります。

それに加えて、わたしの場合、これはすごく大事な理由なんですが、

例えば、

アイ、シンクー、~というjapanese English(カタカナ英語?)が

th、RとL, VとBなど、音が似ている発音の違いを理解すると、英語をかっこよく話せるようになると思います。

*わたしのように発音の勉強してなかったけど、単語だったり英語の勉強はじめてしまったという方も、大丈夫です。

ただ、次の単語帳に行く前に発音の勉強をしてみてはいかがでしょうか。

そして、次の単語帳を買う際は単語の発音記号の記載のある、音源CDのあるものを選んでみてはいかがでしょうか。

きっと、単純な暗記作業が、音の追加により、成長速度を実感できるはず。

単語+文法(基礎)

発音を学んでから、単語と文法です。

発音記号が読めるようになる、理解できるようになれば、

正しい発音で単語を暗記することができます。

単語帳の単なる繰り返しの暗記という作業でも、気づきは多く

なにより、スペルや見た目などの視覚に加えて

音、聴覚でも記憶にとどめられることができます。

また、

文法を先に抑えておきたい、理解ておきたい理由として

われわれの母国語の日本語と英語はそもそもルールが違うので、

たとえば

私は(主語)今週末に(修飾)友達と(修飾)サッカーを(目的語)します(述語)

I (主語)play(述語) football(soccer)(目的語)with my friends (修飾)this weekend.(修飾)

と、順番が異なります。

この構造を抑えて話をする、文章を書く、ことをしないと伝わりません。

サッカーをするにしても、車を運転するにしても、

ルールを理解しないと自分でやるのは難しいですよね。一緒です。

(観光地など、日本人の英語に慣れている環境であれば、伝わっちゃう可能性があります。)

まとめ

≪発音を学び、単語を暗記しつつ、基礎文法を抑える。≫

これは、どの目標設定をしたひとに対しても同じSTEPです。

長くなりましたので、

・目標別学習方法のおすすめ 1

・具体的な学習方法(音読のススメ)

・英語の正しい発音を学ぶ

・これだけは抑えたい単語帳と暗記法

につづきます。

記事下

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代。 社会人からの英語学習を開始。 フィリピン セブ島留学、オーストラリアワーキングホリデー、イギリス大学院留学を経験。 英語の学習方法のシェアをメインに、海外生活中に出会った趣味の筋トレや、元々好きな映画、洋服の話もしていきたいと思います。