どう決める?留学先に迷ったら。

どうもMASです。

今日は、留学を検討するひとに留学先をどう決めたか、

わたしの経験をシェアします。

おそらく、留学を検討している人は、

アメリカがいいけど、予算が、、、

イギリスがいいけど、天気が、、、

なんて、日々、考えていると思います。

そんな留学先に悩んでいる人は参考にしてみてください。

私は、フィリピンセブ、オーストラリアのシドニー、イギリスのバーミンガムに留学をしました。

どうやって、留学先を選んだか。

以前、息抜きは大事って話でイギリスに興味を持った話をしたので、興味あればこちらも、是非。

なぜ、フィリピン?セブ島?

・マンツーマンレッスンに時間をかけられる学校を探していた。

・費用を見たときに、滞在費、学費を抑えられると思った。

・レアジョブでフィリピン人の英語は、訛っていないと確信していた。

 (人によります。)

・GWを利用して短期で訪問(2週間の語学留学)したことがあった。

・11月~12月の時期だったので、温かい気候のところに行きたかった。

こんな理由から選びました。

  • ネガティブな面は、

東京に比べ、清潔感がない、ストリートチルドレンがいたりして治安が悪い、道が舗装されていない。

と、東南アジアならではの環境があると思います。

私は、GWに短期で訪問した経験があったので、問題なく生活できました。

セブ島留学の学校に関しては別途詳しく記事にしたいと思います。

なぜ、オーストラリア?シドニー?

オーストラリアのシドニーを選んだキッカケがいくつかありました。

・社会人を6年経験して、長期の休暇ってこれから先の人生ってそんなにないのかも

・6年間頑張ったし、気候の良いところに行こう

・イギリスに住んでる友達がオーストラリア人とイギリス人の英語が似ているって言っていた

・他のアジアの国が近いので、気軽に行ける

・あと、まじめな話として、

 留学を経験する前に、担当していたクライアントがシドニーオフィスにいまして、

 担当のクライアントがどんなところで仕事しているのかも知らないままモヤモヤと働いてた。

 当時は行ったことがなかったし、どんな街かも知らなかった。

 そんな気持ちがうっとおしくて、実際に見に行ってみた。

  • こちらもネガティブな面を挙げるとしたら、

語学学校や、生活費が比較的高い都市だと思います。

が、働くことでカバーできると思い、シドニーに決めました。

実際に行ってみて、イギリスに行くのに迷うくらいいい街で、

楽しく勉強も遊びも生活もできていました。

なぜ、イギリス?なぜ、バーミンガム?

・イギリス映画に影響を受けた。

・イギリスの文化に興味があった(とくにサッカー、服、靴)

プレミアリーグを間近に感じられます。

バブアー、バラクーダ、ポールスミス、ヴィヴィアンウェストウッド、バーバリー、フレッドペリー、ドクターマーチンやハンターなど。数え切れないほどのイギリス出身のブランドたち。

紳士靴も、ジョンロブ、チャーチ、チーニーなど。

歴史と伝統がありますよね。

脱線しそうなので、またどこかで。。

なぜイギリス?はい、続けます。

・他のヨーロッパの国々に気軽に旅行に行ける

・大学院、ビジネススクールが1年間。社会人としてのブランクを最小限に抑えられる

〇バーミンガムという地は、学校選びから。

-学びたいマーケティングの領域で評判のいいビジネススクールがあったから。

-ロンドンは費用の計算をしても、無意味なほど費用がかかりそうだった。バーミンガムからは1時間でいける。

-イギリスの北のほうに友達が住んでいたため、程よい距離だった。

  • ネガティブな面は、

天気。いっつも曇りか雨。そのくらい。

ポンド円のレートも不安はあったんですけど、国民投票の結果、ポンド円は留学生の費用には優しい結果に。

あれです。ミュージカル好きな人も。劇団四季が好きなぼくでも、鳥肌がすごい。

あとはぼくは経験は無いですが、

メジャーなところでいうと

アメリカ留学、語学学校で言えばマルタや、フィジー、マレーシア、ワーホリであれば、カナダやニュージーランドなど候補はたくさんあると思います。

アメリカの留学は

2年間のビジネススクールが多いことで投資を回収できるか、不安な面が多かったので考えませんでした。

ニューヨークに強い憧れがある。

気候のいいロスで学びたい。

日本人が住みやすいシアトルに住んでみたい。

など、人によってあると思います。

ぼくは、オーストラリアのビジネススクールにすれば良かったと思うときもありますが、総じてイギリスで良かったと思います。

留学の最後はロンドンも住めましたし、

近くのドイツ、オーストリア、スペイン、ベルギー、ポーランド、スイスあたりは訪問することもできました。

まとめ

自分のwantとメリット、デメリット、ポジティブ、ネガティブを整理して、考えてみましょう。

後悔しない留学にしましょう。

では、また。

記事下

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

30代。 社会人からの英語学習を開始。 フィリピン セブ島留学、オーストラリアワーキングホリデー、イギリス大学院留学を経験。 英語の学習方法のシェアをメインに、海外生活中に出会った趣味の筋トレや、元々好きな映画、洋服の話もしていきたいと思います。