留学に持っていって良かったもの5選。と、おまけ。

東京オリンピック当選発表ありましたね。

どうですか、みなさん。

全滅です、どうもMASです。

東京オリンピックはずれたから、日本いる意味あるのかなー。

ってことで、友人の結婚式のため海外に行きます。

パッキングしてたところだったので、

今回は、海外に行くとき、特に留学に行くときに

持っていって良かったもの5選。

➀ノート

これね、書く必要もないと思うんですけども、

日本の特に無印良品さんの文具がとてもハイクオリティなんですね。

フィリピンでノート買おうとしたときにペラッペラで全然読み返す気になりませんでした。

シドニーや、イギリスのバーミンガム、ロンドンでは、

無印良品があるので、買えますが、気持ち高いので、持参してました。

文法、知らない単語、試験対策の過去問、スピーキングの回答作成など

ノートを活用する機会が多くあると思うのでおすすめ。

講師や先生にipadや、携帯のメモなんかを見せて修正してもらうより、

ノートのほうが、いいですよ!

書くことで、記憶に残ることもある。

*単語を無駄に書きまくる記憶法は時間もったいないのでやめましょう。

➁折り畳み傘

これも現地で買えちゃいます。が、日本のものがやっぱり質が高い。

海外で買ったものは安いからということもあり、すぐ壊れます。

シドニー初日に傘なくて、大雨でホームステイ先に帰ったこと、

イギリスはほぼ毎日、雨なので、

そんなことから傘さしてました。

よっぽどの大雨じゃなければ、イギリス人は傘ささないですけどね。。

③ノートPC

これは、必須ですよね。

携帯があればいいや、ってひとも中にはいるかもしれませんが、

あれば便利。

私の場合は、大学院での論文作成や、

Googleで資料を共有しながらプレゼンの準備をしたり、

大学院やMBA留学のかたはMUSTですね。

故障しないように買い替えていきました。。

語学留学の方も、どこへ旅行いくのか調べたり、絶対すると思うので、結果、MUST。

④SIMフリーの携帯

これはあると便利です。

どこの国でもプランや、金額を選んでSIMを購入すれば、すぐに使えます。

留学先で携帯ないとほんの数日間でも不安になりますよね。

ただ、

日本に比べると、シドニーやイギリスはWifiが使えるカフェやデパートなどの場所が多く、

短期であれば、なんとかなっちゃうかもしれません。

また、結構つながりやすかったりします。

わたしは携帯ないと不安なので、すぐSIM購入しにいきますが、、

⑤クレジットカード

現金はほぼいらないと思います。

日本はいまでこそ電子決済や電子マネーが話題になり、

多くの方が、使っていると思いますが、キャッシュの文化が根強いです。

ドイツもキャッシュ文化らしいです。

なんとなく真面目や勤勉さみたいな国民性と関連するんでしょうか。

会社を辞めて海外に行かれる方は、辞める前に申請して発行しておきましょう。

できれば、各社持っておくと不安が解消できます。

マスターカード、VISA、あればだいたいいけます。

日本の銀行のキャッシュカードに海外ATMが対応なのかどうかも併せて確認しておくと安心。

現金だけのレストランとか、どうしてもキャッシュが必要な時がでてきちゃうかもしれないので。

(アメックス、JCBは使い勝手が良くなかった印象です。。)

⑥電子辞書

5選じゃないんですか?ですよね。

語学学校に限ってはあると便利なので、おまけでランクイン。

勉強の効率が上がります。

携帯で調べてもいいんですが、類似の言葉や、文例など電子辞書の機能はさすがの一言。

セブ島留学では必須でした。

基礎力が上がったせいか、シドニー以降はほぼ使わなかったので、

おまけでランクインさせました。

以上、

いかがでしたか?

10選くらいにすると

衣類や、リュックなどでてくるので、

きりがないので、やめときました。

まとめ

ノートPCとクレジットカードがあれば、なんとかなる。

言われなくても持っていきますよね、この5選は。

では、また。

記事下

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

30代。 社会人からの英語学習を開始。 フィリピン セブ島留学、オーストラリアワーキングホリデー、イギリス大学院留学を経験。 英語の学習方法のシェアをメインに、海外生活中に出会った趣味の筋トレや、元々好きな映画、洋服の話もしていきたいと思います。