マンガ、アニメは日本のカルチャー?

コパアメリカでサッカー日本代表の話にふれましたが、

どうしても久保くんの名前がニュースで取り上げられますよね。

小野伸二とどちらが、本当の天才か?

なんて天才比較論争まで、出ちゃうくらい。

センスとか感性が優れている人とかならわかるけど、

天才って表現は、むずかしいですよね。

嫉妬ですかね?

どうもMASです。

センスとか感性ある人が努力した結果、

天才のように秀でちゃうってことなんだと思うんですよね。

はい、なんの話かって?

天才って言葉で思い出したんですけど、

スラムダンクという漫画をご存知でしょうか?

主人公、桜木花道の

「天才ですから」

これなんですよ。思い出した。

漫画というカルチャー

ワーホリビザでシドニー滞在中に、

IELTSの試験対策をしようとシドニーの紀伊国屋書店に立ち寄ったんですね。

IELTSの本を探していると、

びっくりするくらいのマンガコーナーが、そこには。

海外では、アメコミはもちろんですが、

日本のマンガ、アニメがとても人気なんです。

ドラゴンボール、ナルト、スラムダンク、ワンピースなどなど

ごめんなさい、昔からジャンプコミックス派なので、他はちょっとわかりません。

漫画を読むこと、アニメが好きな人で、海外へ行こうとする人、英語を勉強している人、いると思います。

マンガ面白いですよ。

スラムダンクやワンピースなんかは戦ってばかりではないので、

一度、日本語で漫画を読んでる人なら、

多少英語がわからなくても、内容を想像できます。

逆を言えば、

知らない単語や言い回しをマンガを通して自分の引き出しに出来ちゃいます。

ちなみに

「天才ですから」

これ、「I’m a genius」

だと、思うじゃないですか?

あえての最終巻。

中学でも学んだ、みんなが知ってる単語。

英語版は、、、

「I’m a phenom」

知らん。知らん。

でもスラムダンクを読んだ人なら意味がわかっちゃうわけで、

これが天才だって意味だったんだって、気づきを得られるわけです。

意味的には、学問などは上のgenius,スポーツなどは下のphenomなんですね。

友達との話題作り

はい。

漫画、アニメが人気なだけではなく、

アニメのキャラクターのショップなども人気があります。

ちょっとオタクみたいな印象になりがちですが、、

シドニーで一緒に住んでたフランス人の友達は、

パリでドラゴンボールを小さい頃から見ていて、

フランス版のドラゴンボールの歌を一生懸命歌って、

YouTubeまで見せてくれました。

ま、言葉も、歌も日本のそれと違ったんで、

知らん。それ、知らん。

って、なったんですけどね。

日本人ってこともあり、アニメの話で会話が生まれたりするので、

漫画やアニメが好きな人はネタになるかもしれませんよ。

まとめ

英語版の漫画で楽しみながら勉強してみるのはどうだろう?

アニメが好きなら会話のネタになりますよ。

ちなみにシドニー紀伊国屋で

IELTSの本を探してたのに、

スラムダンクの山王戦の部分を

一気に立ち読みして、

泣きそうになりました。

漫画で学ぶ。ぜひ、お試しを。

また。

記事下

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

30代。 社会人からの英語学習を開始。 フィリピン セブ島留学、オーストラリアワーキングホリデー、イギリス大学院留学を経験。 英語の学習方法のシェアをメインに、海外生活中に出会った趣味の筋トレや、元々好きな映画、洋服の話もしていきたいと思います。