オーストラリアはシドニーでのアルバイトの話〜ワーホリ〜

どうもMASです。

先日の出来事。後悔してます。

先日、友人らと居酒屋で飲んでまして、

ふと気づくと英語の会話が聞こえてきました。

横を見ると外国人の男性が2人、居酒屋を楽しんでいたわけです。

そこでのできごと。

店員さんがオーダーを取るのに困っていて、

外国人のお客さんは、なにかを一生懸命、頼もうとしている。

そんな状況で、はい、おせっかいで、

おれ、少し英語わかるでー、くらいの感覚で話を聞いてみると、

外国人客―「rice」

店員―「あ、はい」

そんな状況なので、

MAS-「白米食べたいみたいですよ」って、店員さんに言ってみたら、

店員―「メニューになくて、、、」

英語に困ってませんでした。。シンプルに対応に困っていたんですね。

失礼しました。とっても恥ずかしくなりました。

なんで、

そんなおせっかいをしたかと申しますと、、

オーストラリアのシドニーにワーキングホリデーで滞在中にお寿司など日本食を扱うレストランでホールのアルバイトしていたことを思い出したんです。

シドニーでのアルバイト経験

日本で大学生の頃、居酒屋でバイトしてましたが、

6,7年ぶりの居酒屋ホールスタッフでした。

バイト先を見つけて、働くまでを振り返ってみたいと思います。

➀なぜ、海外なのにレストランでアルバイトしたか

シドニーは都心だけあって、日本人のオーナーが営むお店がたくさんあります。

・できれば、すぐに仕事を始めたい

・海外での初手としては日本人のオーナーの元で働くことで安心感を得ながら現地に慣れていく

・飲食店で働いて、食費を抑えたい(まかないなどを期待して)

*オーストラリア、シドニーの外食は高いんです。

以上の理由から、

日本人経営の飲食店を選びました。

➁どうやってアルバイト先を探したか

シドニーは都心であることから、

Mixbという掲示板にスタッフ募集の告知をしている店舗が多数みつかります。

数を多く当たることで、コンタクトを取っていきました。

日本からのオーストラリア、シドニーにワーホリビザで渡豪するひとの数は多いです。

しかし、ビザの期限は1年~2年と短く、回転率が高いため、多くの店舗が頻繁に募集をかけています。

おそらくみなさんも日本人オーナーのバイト先から、現地オーナーや現地企業で働く前のステップとして考えるため

長期で働く方も多くはないと考えられます。

メールで応募する際は、必ず、履歴書やCV(英文レジュメ)が必要になるので、

こちらの準備も日本にいるうちから事前にしとくとスムーズです。

CVについて詳しくは別の記事にします。

③面接

面接ではオーナーが日本人の場合は日本語ですが、

ホールスタッフなどはコミュニケーションをとれたほうがいいと思っているため、

履歴書や、CVにTOEICやIELTSの点数を記載しておくと話が早いです。

あまり高くなくて書きたくない場合は書かなくていいと思います。

受けたことありません。など深堀りされないように流しましょう。

面接に通ったら、いつ来れるか確認されるでしょう。

このあたりは日本と同じですね。

④バイト開始

まー、最初は緊張します。

語学学校の友人は、英語圏の人ではないので、お互いに第二言語として話しています。

それに比べ、ホールスタッフは、お客さんはローカルの人も多いので、まさに実践です。

「Are you ready to order??」みたいなことを言ったり、

「いらっしゃいませ」はないので、「Hi how are you?」で、そもそも会話はじまりそうだし、

オーダー聞き間違いのないように特に気を付けてました。

ここで、メニューにないものを食べたがるお客さんとかいたんですよね。

対応すれば、感謝していただけるし、チップももらえるケースもあるし、

一生懸命になるわけですよ。

結果、いい経験になります。楽しいです。いろんな国の人の英語に慣れていけると思います。

シドニーど真ん中。ビルも高いし、都会。

まとめ

・最初はmixbなど日本人の掲示板を活用してもいい

・海外で働くために、履歴書、CV(英語)の両方を準備しよう

・面接の会話をスムーズにするために試験の高得点を持っとくと、

見られるのは、人柄だけ

・日本人のオーナーのお店は嫌だと思っている人は多いと思いますが、

悪くない。お客さんはローカルです。楽しいですよ。お給料はさておき、、

オフィスワークはハードルが高いと思います。

募集しているかに関わらず、自分の働きたいところに履歴書をドロップするというメンタルの強い方法も試しましたが、わたしの場合は、仕事するまでに至らなかったので、オススメはできません笑

以上、

勝手に居酒屋で会話に割り込んで、ごめんなさい。

店員さんが、接客で、その場の英語の環境を楽しんでいたかもしれない。

おせっかいはやめよう。


では、また。

記事下

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

30代。 社会人からの英語学習を開始。 フィリピン セブ島留学、オーストラリアワーキングホリデー、イギリス大学院留学を経験。 英語の学習方法のシェアをメインに、海外生活中に出会った趣味の筋トレや、元々好きな映画、洋服の話もしていきたいと思います。